高齢出産からの子育てブログ

妊娠・出産・子育てにまつわる体験記です。育児グッズやお出掛けスポットの紹介もしています。

敏感肌でも使える日焼け止めクリームは?



f:id:hitakiblog:20210706112311j:plain
敏感肌や子供でも使える日焼け止めクリームは?

紫外線の強い時期になりました。
1年で紫外線が一番強いのは夏至の頃です。
私は毎年、5~6月になり半袖になると腕に赤い湿疹が出来ます。
日光過敏症です。
もともと子供のころから肌が弱く、現在も敏感肌です。

腕が多少日焼けしてくると、湿疹も消えます。
年中、肌が露出している顔には出ません。
それでも紫外線はお肌の大敵なので、できるだけ日焼けしないように心がけています。

そこで紫外線をカットしてくれるUVクリーム(日焼け止め)の出番です。
でも肌が弱いと、その日焼け止めクリームでかぶれてしまいます。

10代の頃から色々な日焼け止め商品を試してみるものの、ほとんどが荒れたりかぶれたりする物でした…。


***目次***

やっと見つけた肌に優しい日焼け止めクリーム!

でもようやく肌荒れしない日焼け止めクリームに出会えました。
それが「パックスナチュロン UVクリーム」です。
もう20年くらいお世話になっていると思います。

「太陽油脂株式会社」という石けん製品を作っている会社の商品です。
肌に優しい製品が沢山作られていて、赤ちゃん向けの商品「パックスベビー」というラインナップもあります。

今回紹介するのは「パックスナチュロン」シリーズの日焼け止めクリームですが、「パックスベビー」にも日焼け止めクリームがあります。

f:id:hitakiblog:20210706113035j:plain
パックスナチュロンUVクリーム

向かって左が旧製品、右がリニューアル製品。
旧製品は伸びが少し悪くてオリーブオイルなどを足して使用していました。
あと伸びがよくないせいか、モロモロしたテクスチャーで塗り辛いこともありました。
新しい製品は伸びがよくなり使いやすいです。
SPF値は旧製品「SPF15」でしたが、新製品「SPF30」になりました。
PA値はどちらも「PA++」です。


リニューアル製品の全成分表示
水、プロパンジオール、スクワラン、酸化チタン、グリセリン、カリ石ケン素地、シリカ、ステアリン酸、パルミチン酸、ベヘン酸、ベヘニルアルコール、シア脂、ローズ水、加水分解シルク、カミツレ花エキス、カワラヨモギエキス、コメヌカエキス、グリチルリチン酸2K、ヒノキチオール、エタノール

敏感肌にはノンシリコンの日焼け止めクリームがおすすめ!

日焼け止めクリームは汗などで落ちないようにシリコンが入っている製品が多いと思います。
このシリコンが入っていると石けんだけでは落ちないので、メイク落としでしっかり落とす必要があります。
シリコンが肌に残ってしまうと毛穴詰まりをおこし、ニキビなどのトラブルになります。

メイク落としはジェルやクリーム、乳液タイプと色々ありますが、どれも洗浄力が強いです。
敏感肌だとメイク落とし自体が使えません…。
私もメイク落としを使用すると肌荒れします。

「パックスナチュロン UVクリーム」はシリコンが入っていない、ノンシリコンの日焼け止めです。
石けんで落とすことが出来ます。
これが本当にありがたいのです。

ノンシリコン日焼け止めクリームのデメリット

落としやすいということはメリットでもありますが、デメリットにもなります。
真夏の海やプールで使用するのには向きません。
水や汗で落ちてしまうような状況では、シリコンの入っている日焼け止めクリームで紫外線からしっかり防御して下さい。
「パックスナチュロン UVクリーム」は、普段の生活の中で日常紫外線から肌を守るのに最適です。

1日だけ真夏の屋外で遊ぶという時は、私もシリコン入りの日焼け止めクリームを使用し、メイク落としでしっかり落とします。
どうしてもメイク落としが使えない肌状態の時は、「パックスナチュロン UVクリーム」をこまめに塗り直してあげると良いと思います。

4歳の娘も使用

昨年の夏は当時4歳の娘にも使用していました。
薄く伸ばして肌の露出している部分につけてあげました。
石けんで落とせるので無理にこする必要もなく、安心して使用できます。
赤ちゃんには「パックスベビー」シリーズの日焼け止めクリームの方が、さらに肌に優しいかもしれないですね。

「パックスナチュロン UVクリーム」は敏感肌や小さなお子さんも使用できる日焼け止めクリームです。
でも肌に合うかは人それぞれなので、不安な方はパッチテストをしてから使用して下さい。
私が初めて使用する化粧品などでよくやるパッチテストのやり方は、絆創膏に化粧品を塗りそれを腕の内側に貼ります。
約48時間放置してから剥がし、肌に問題ないか確認します。
途中で痒みなどがでたら、すぐに剥がして下さい。
(私は絆創膏でかぶれてしまうこともあります…。)

お肌に合えば、化粧下地としても使えるのでおすすめです。