高齢出産からの子育てブログ

妊娠・出産・子育てにまつわる体験記です。育児グッズやお出掛けスポットの紹介もしています。

健康維持に必要な運動量とは? おすすめの心拍計「ソーラス腕時計」のレビュー



小さいお子さんがいると、なかなか自分の時間がとれませんよね…。

私も出掛けたりする時間が少なくなり、通勤で歩くこともなくなり、家事と育児で時間が過ぎてしまう日々。

出産後の運動不足がとても気になります。

隙間時間でスクワットやストレッチをしてみたり、ゲームではありますがニンテンドーswitchの「リングフィットアドベンチャー」や「フィットボクシング2」で身体を動かしたりしています。

 

hitakiblog.com

 

「でも、どれくらい身体を動かせば健康維持につながるの?」と思い調べてみました。

また以前から使用している心拍計「ソーラス レジャー850」という腕時計の感想・レビューなども書いてみようと思います。

 

+++目次+++

 

 

有酸素運動と無酸素運動の違い

有酸素運動とは筋肉に弱い負荷をかけながら長時間続ける運動のことです。

代表的な運動:ウォーキング、ジョギング、サイクリング、スイミング、エアロビクス

効果:脂肪燃焼、血液循環促進、心肺機能強化

 

無酸素運動とは瞬発的に強い力を発揮させる運動のことです。

代表的な運動:短距離走、スクワット、ダンベル運動などの筋肉トレーニング全般

効果:筋肉量が増えることによる基礎代謝の向上

 

体力作りのためにはどちらもバランスよく運動することが理想ですが、今回は健康維持という点で効果の大きい有酸素運動について調べました。

 

健康維持に必要な運動量とは?

適度な有酸素運動を行うと、脳が活性されたり、健康維持につながると言われています。

年代によって筋肉量や基礎代謝量が変わるので、望ましい運動量も変わります。

「高齢出産からの子育てブログ」というタイトルでブログを書いているので、40代以降を例にすると下記のような運動量が理想といわれています。

ウォーキング:毎日20分以上、歩数なら8000歩

ランニング:週に2回2~3km、15~20分

 

8000歩、けっこうな歩数だなと思ってしまいました。

また、のんびり歩いていたら20分では歩けない歩数です。

かなり早歩き気味でウォーキングしないといけないようです。

歩数に関係なく、毎日20分くらい早歩きをするだけでも効果があるそうです。

いずれにしてものんびり歩くのではなく、身体にある程度の負荷をかけて心拍数をあげながら運動をする必要があります。

 

ダイエットなどの脂肪燃焼効果は20分以降から

健康維持のためには身体に少し負荷がかかる有酸素運動を毎日20分程度することがわかりました。

しかし、健康維持だけではなくダイエットなどの脂肪燃焼効果も期待している場合は注意が必要です。

運動開始から15~20分の間は、糖分が運動のエネルギーとして消費されます。

そのあとに脂肪燃焼がスタートするので、ダイエットもかねて運動したい場合には15分以上の運動が必要になります。

 

心拍計とは? 運動に必要?

心拍計とは心拍数を知るための測定機器のことです。

ハートレートモニターや脈拍計、パルスオキシメーターと呼ばれることもあります。

色々なタイプがありますが、腕時計(リストバンド)タイプのものが、運動をしながらでも使いやすいのでおすすめです。

通常(安静時)の心拍数は、1分間に60~80拍です。

運動をして身体に負荷がかかると心拍数があがります。

この心拍数を意識しながら運動をすると、その人にあった運動量がよりわかりやすくなります。

 

最大心拍数(一番早い心拍数)の60~70%あたりの心拍数になる運動を、週に1回、30分程度行うと健康な身体つくりになると言われています。

毎日運動する時間がなくても、これくらいなら時間がとれそうですよね。

最大(見込み)心拍数の求め方は、220-年齢です。

例:40歳の場合 220-40=180

最大心拍数は180となります。

 

ここに0.6と0.7をかけると、108~126(60~70%)の心拍数を目標に運動することになります。

運動をあまりしていない方は50~60%くらいから始めるといいようです。

 

そこで運動しながら心拍数を知るために必要になるのが心拍計です。

運動するだけであれば心拍計がなくてもできます。

しかし、自分にあった効率的な運動量を知るためには心拍計があると便利です。

 

SOLUS(ソーラス)LEISURE 850 使い方

私はソーラスのレジャー850という心拍計を使っています。

f:id:hitakiblog:20211118143123j:plain

ソーラス心拍時計

心拍計機能のついた腕時計で、心拍時計と呼ばれることもあります。

もう何年も前に購入したもので一度電池交換をしましたが、壊れることなく現在も使用しています。

私はスポーツ用品店のヒマラヤで購入しましたが「レジャー850」は海外向け製品なのかインターネットで探すと置いていないお店もあります。

ソーラスのHPを見ると「レジャー800」が同じ機能のある心拍計のようです。

時計の裏と表にセンサーがあって、裏側は手首、表側は指でタッチすることで心拍を測定してくれます。

運動中でも簡単に測定できるので使いやすいです。

ジムに通ったことはありませんが、以前サイクリングマシーン(エアロバイク)を家で使用した時も簡単に計測ができ便利でした。

 

機能:時計、アラーム、タッチ式心拍計、タイマー、5気圧防水、ELバックライト、など。

初めに性別・誕生年・体重などを入力するので、その人に合った目標心拍数を自動で設定・表示してくれます。

消費カロリーや脂肪消費量もわかります。

「健康維持」「脂肪燃焼」「体力アップ」「マニュアル設定」と4つの目標別にターゲットゾーン(目的の心拍数)を選ぶことが出来ます。

ターゲットゾーンの心拍数であった運動時間の記録や、ターゲットゾーンから外れた時にアラートが鳴る設定も出来ます。

f:id:hitakiblog:20211118143327j:plain

ソーラス心拍計 レジャー850


とても使いやすいので、夫も色違いで所有しています。

冬など肌が乾燥していると反応が悪いこともありますが、指を少し湿らせてあげると反応がよくなります。

 

まとめ

子育て中のお母さんが運動をする時間をとるのはなかなか大変ですが、心拍計を使うと隙間時間で効率よく運動できます。

身体を動かすことは気分転換にもなるのでおすすめです。