高齢出産からの子育てブログ

妊娠・出産・子育てにまつわる体験記です。育児グッズやお出掛けスポットの紹介もしています。

水晶粘土とは何? 遊び方は?



どこかで食事をした時に、おまけで頂いた「マカロン水晶粘土」。

マカロンの水晶粘土?

水晶の粘土?

初めて聞いた私は頭の中が「?」だらけ。

マカロン型の容器を開けてみると、そこには想像していたものと違う姿の物体が…。

初めて見る物体に「ちょっと待って、触らないで!」と娘に言ってしまったほどです。

娘は夢中になって遊んでいると、無意識に手を口に持っていくことがあります。

子供の遊ぶものは成分が気になりますよね。

調べてみると色々なことがわかりました。

そして危険な物でもないことがわかりました。

始めはどうやって遊ぶのかもわかりませんでしたが、容器から出して遊んでみたレビューを書いてみようと思います。

 

+++目次+++

 

「マカロン水晶粘土」はマカロンや水晶でできているわけではない

f:id:hitakiblog:20210819112722j:plain

マカロン水晶粘土

マカロンは単にケースが可愛いマカロンの形をしているだけでした。

そして粘土も水晶でできているものでもありません。

見た目は水飴のように透明感があります。

その見た目から水晶と名前がついているのだと思います。

触るとガムのように伸びます。

 

呼び方は色々。スライムとの違いは?

水晶粘土は他にも色々な呼び方がありました。

クリスタル粘土、ジェル粘土、キラパテ、透明粘土、キラキラ粘土、ゼリー粘土、クリア粘土…。

スライム、スライム粘土、ジェルスライムなど、「スライム」とつく呼び方も。

製品によって硬さの違いがあるようですが、どれも同じ種類のようです。

そういえば、親戚の女の子に誕生日プレゼントの希望を聞いたら「ぷにデコスライムパレット」と教えてもらい昨年購入したのを思い出しました。

これも水晶粘土と同じ種類のようです。

私が子供の頃のスライムと言えば、小さなプラスチック製のバケツに入ったどろっとした黄緑色の不気味なおもちゃでした。

それが平成~令和のスライムでは女の子がデコレーションをして楽しむものになっているとは、昭和のスライムしか知らない私には驚きでいっぱいでした。

 

マカロン水晶粘土の成分は? 安全性は?

PVAとPPという表示がありました。

多分この2つが主成分だと思いますが、他の成分は記載がありませんでした。

PVAとはポリビニールアルコールという合成樹脂です。

親水性が高く、色々な製品に使われています。

洗濯糊(のり)、液状のり、化粧品、使い捨てコンタクトレンズの基材など。

 

PPとはポリプロピレンです。

これはプラスチック素材の1つで、こちらもおもちゃや食器など幅広く使用されています。

 

水晶粘土は手作りできるけど注意点もある

水晶粘土はおうちでも簡単に作れるそうです。

必要なものは洗濯のり(PVA)とホウ砂。

洗濯のりは洗濯物をパリッとしあげたい時に使用するもの。

ホウ砂(ほうしゃ)は、掃除や消毒などで使用したりするそうです。

どちらもドラッグストアーなどで売られています。

 

水晶粘土(スライム)作り方

用意するもの

・洗濯のり(PVA)50ml

・水50ml

・ホウ砂2g

・お湯25ml

 

使い捨て紙コップなどにホウ砂2gとお湯25mlを入れて混ぜる。(ホウ砂水を作る。)

別の使い捨て紙コップに洗濯のり50mlと水50mlを入れて混ぜる。

洗濯のりの入った容器に、ホウ砂水を少しずつ入れて混ぜていく。(ホウ砂水の量が多いほど硬めになるそうなのでお好みで。)

混ぜたあと少し置いて馴染ませれば完成。

好みで絵の具を少し混ぜると色もつけられます。

 

手作り時の注意点

ホウ砂は使い方によっては毒性があるそうです。

口に入れたり、吸ってしまわないようにマスクをしたり、また経皮毒もあるので傷口がある場合などは手袋をした方がいいそうです。

小さなお子さんは、保護者の方が一緒に作ってあげて下さい。

 

遊び方

f:id:hitakiblog:20210819112810j:plain

水晶粘土の遊び方

見た目が水飴やゼリーのようで、一見すると食べれそうです。

5歳の娘は「食べれないもの」と認識して遊んでいましたが、3歳くらいまでの小さなお子さんは注意しないと口に入れてしまう危険があります。

娘はふつうの粘土と同じように遊んでいました。

ハサミで切ったり、型に入れたり。

とてもよく伸びるので伸ばして遊んだり。

マカロン水晶粘土は粘土単体ですが、デコレーションセットのようなものも売られているので(スライムパレット)そのようなものは好きな色をつけたりラメを入れたりして遊ぶようです。

娘は粘土遊びが好きで小麦粘土でよく遊びますが、小麦粘土のようにカスが散らかることもなく部屋が汚れにくいので片づけも楽です。

 

まとめ

他の粘土と同じように手先を使いながら遊べるのがいいですね。

しかし見た目が食べれそうなので、小さなお子さんは口にしないように注意が必要です。

主成分は合成樹脂なので触っていても危険はありません。

ですが、手作りする場合に使用するホウ砂は粉末の状態のままでは吸い込んでしまったりする危険もありますので注意して下さい。

今度はデコレーションして遊べるものを買って、遊んでみようかなと思います。