高齢出産からの子育てブログ

妊娠・出産・子育てにまつわる体験記です。育児グッズやお出掛けスポットの紹介もしています。

赤ちゃんや幼児と一緒に使えるアミノ酸系大人用シャンプー&肌に優しい日焼け止め



赤ちゃんのシャンプーは何を使っていますか?

娘が赤ちゃんの頃は「ピジョン ベビー全身泡ソープ」で身体も頭も洗っていました。

弱酸性で皮脂を取りすぎず、うるおいを残して洗ってくれます。

敏感肌の私はボディソープも種類によっては被れてしまうので、出産前からピジョンのベビー全身泡ソープを長年愛用しています。

これは被れることもなく信頼している製品です。

現在もボディソープは親子でベビー全身泡ソープを使っています。

 

赤ちゃんの髪の毛は細いので、伸びてくると絡まりやすくなってきます。

男の子でも胎毛筆(赤ちゃん筆)を作る予定があると、ある程度伸ばすことになると思います。

 

hitakiblog.com

 

全身泡ソープよりも少しトリートメント効果があって、赤ちゃんでも使える肌に優しいシャンプーを探してみたら、自分が使用していたシャンプーが赤ちゃんにも使用できるものでした。

「ピュアナチュラルシャンプー」というものですが、とても使い心地が良いのでレビューを書いてみようと思います。

 

また以前、敏感肌や幼児にも使用できる日焼け止めの記事を書きましたが、そのあと赤ちゃん用の日焼け止めを使用してみたのでその感想も続編で書いてみようと思います。

 

 

+++目次+++

 

 

一般的なドラックストアーで売られているシャンプーの洗浄成分は強い

ドラッグストアーへ行けば沢山のシャンプーが並んでいます。

テレビコマーシャルなどでも沢山の宣伝がされています。

中には香りのいいものも沢山あって選ぶのに困るほどだと思いますが、私はドラッグストアーに並んでいるシャンプーを使うとほとんどの製品で頭皮に被れができます。

シャンプーに入っている界面活性剤、いわゆる洗浄成分ですがそれが肌に合いません。

裏面にある成分表を確認すると「ラウリル硫酸ナトリウム」「ラウレス硫酸ナトリウム」と表示されているシャンプーが多いと思います。

これが界面活性剤の成分なのですが、泡立ちがよく洗浄力も高いので一般的なシャンプーにはよく配合されているものです。

皮膚が弱くない方が使うのであれば特に問題のない成分ですが、自分のような敏感肌・乾燥肌の方が使うと被れることがあります。

 

肌に優しい洗浄成分はアミノ酸系

肌と同じペーハーの弱酸性製品は沢山あるのですが、洗浄成分がアミノ酸系となると選択肢が減ってきます。

ドラッグストアーによっては1つも並んでいないお店もあるかもしれません。

アミノ酸系の洗浄成分にも色々な種類がありますが、「ラウリルベタイン」「ココイルグルタミン酸」が成分表の初めの方に記入があればアミノ酸系シャンプーです。

洗浄力がマイルドで、「ラウリル硫酸ナトリウム」などのシャンプーと比較すると泡立ちが少し悪く感じるかもしれません。

 

ピュアナチュラルシャンプーとは?

f:id:hitakiblog:20211109153814j:plain

ピュアナチュラルシャンプー

「ラウリルベタイン」「ココイルグルタミン酸K」の洗浄成分がメインのアミノ酸系シャンプーです。

合成香料、合成着色料、紫外線吸収剤、鉱物油を一切配合していません。

製造元について、以前はベーネコスメティクスというメーカーだったと思いますが、社名が変更されたのか手元にある製品はビューティーエクスペリエンスとなっていました。

さらに今年になって、b-ex(ビーエックス)と社名変更されているようです。

成分や使い心地は以前と変わりません。

私はもう何年もこのシャンプーを使用しています。

10代~20代はいわゆる「シャンプージプシー」の頃があり、頭皮が被れては買い替え…と繰り返していました。

このシャンプーに出会ってからは本当に被れなくなって驚いています。

最初の頃はドラッグストアーで入手していましたが、最近は置いてあるところがなくてネット購入しか入手できないのが残念です。

お店によっては並んでいるところもあると思います。

泡立ちのよくないと言われているアミノ酸系シャンプーですが、この製品はとても泡立ちます。

香料も天然ハーブアロマ(ラベンダー・ローズマリー)がほのかに香って、使い心地も良いです。

香りの強いシャンプーが好きな方には物足りないかもしれません。

 

しっとりタイプ(M)と、サラサラタイプ(L)があります。

どちらも使用しましたが、現在はしっとりタイプを使用しています。

あまり大きな差はなく、サラサラタイプの方が少し軽い仕上がりになる気がします。

私は乾燥肌なのでしっとりタイプを使用しています。

ドライヤーのあとも適度にしっとりと落ち着いて、指通りも滑らかです。

詰め替えもあり、環境にも優しいです。

 

ピュアナチュラルシャンプーM 全成分表示

ラウリルベタイン、ココイルグルタミン酸K、コカミドDEA、グリセリン、塩化Na、ココイルグルタミン酸Na、ベタイン、ヒマワリ油、ホホバエステル、ローマカミツレエキス、マロニエエキス、セージエキス、クエン酸、デシルグルコシド、カプリル酸グリセリル、ポリクオタニウム-10、フェノキシエタノール、BG、PG、ローズマリー油、ラベンダー油

 

娘は1歳半頃から使用

毛髪量が多い娘。

ある程度の長さになると絡まりやすくなりました。

自分が敏感肌なこともあって、赤ちゃん向けのシャンプーを色々と調べていたら「ピュアナチュラルシャンプー」も赤ちゃんに使えると知り早速使いました。

「ピジョン 全身泡ソープ」よりも洗っている時から指通りが滑らかになり、乾燥させたあともトゥルトゥルでした。

ヒマワリ油、ホホバ油が配合されているおかげだと思います。

娘の頭皮が被れたこともありません。

ちなみに毛先の方だけ、少し自分の使っているリンス(トリートメント)をつけて流しています。

リンスやトリートメントは頭皮につけないので、これは大人が使用しているものを少しつけてあげれば大丈夫だと思います。

 

パックスベビーうるおいUVクリーム 続編

ここからはシャンプーと離れますが、敏感肌や子供でも使える日焼け止めクリームの記事で触れた「パックスベビーの日焼け止め」を紹介したいと思います。

 

hitakiblog.com

 

以前の記事ではパックスナチュロンの日焼け止めクリームを紹介しました。

あれから「パックスベビー うるおいUVクリーム」も使用して、こちらも良かったのでレビューを書きます。

f:id:hitakiblog:20211109153856j:plain

パックスベビー うるおいUVクリーム

 

全成分表示

水、プロパンジオール、酸化チタン、スクワラン、マカデミアナッツ油、グリセリン、ホホバ種子油、ステアリン酸K、ステアリン酸、パルミチン酸、ベヘン酸、シリカ、ベヘニルアルコール、カミツレ花エキス、ローズマリー葉エキス、トコフェロール、ヒノキチール

 

SPF17、PA+、もちろんノンシリコンです。

パックスナチュロンの日焼け止めクリームよりも更に軽いつけ心地。

毛穴を塞がない感じの使用感です。

化粧下地としてこちらを使うようになり3本目になりました。

夏には娘にも使用したこともありましたが被れることもなく、ボディソープで綺麗に落とせます。

赤ちゃん・幼児・子供にも安心して使える日焼け止めクリームだと思います。

 

まとめ

沢山のシャンプージプシーの経験から、敏感肌・乾燥肌の大人にも、肌の弱い赤ちゃんや幼児にも「ピュアナチュラルシャンプー」はおすすめのシャンプーです。

どんなに肌に優しい製品であっても、人によっては合わない事もあります。

シャンプーにしても日焼け止めクリームにしても、皮膚に少しでも異常や痒みなどがでたら使用を中止して下さい。