高齢出産からの子育てブログ

妊娠・出産・子育てにまつわる体験記です。育児グッズやお出掛けスポットの紹介もしています。

幼稚園選び。プレ幼稚園とは何をするの?



10月頃になると入園申し込み書の受付が開始される幼稚園が多いと思います。

初めての幼稚園、どうやって選んだらいいのか悩みますよね。

周りのママさんから情報をもらいつつ、私もいくつかの幼稚園で悩みました。

選ぶポイントをまとめてみましたので、良かったら参考にして下さい。

 

+++目次+++

 

 

プレ幼稚園に通ってみる

f:id:hitakiblog:20210721150846j:plain

幼稚園選び

プレ幼稚園とは入園前にする「お試し登園」です。

未就園児クラスと呼んでいる幼稚園もあります。

3年保育で入園する前の1年間(2~3歳)で通える幼稚園が多いです。

1週間に1回、30分~1時間くらいで、費用も1回につき数百円程度とそれほどかかりません。

時間に余裕があれば、数ヶ所のプレ幼稚園に通われている方もいました。

内容は園庭の遊具や砂場で遊んだり、歌をうたったり、手遊びうたや紙芝居、親子で楽しめるゲームや体操、お絵かき、英語など、色々な事をしてくれます。

幼稚園によって内容は様々です。

プレ幼稚園に通うことで、集団行動や自宅以外の場所に慣れることができるのでおすすめです。

幼稚園や先生の雰囲気もわかります。

私はプレ幼稚園に1ヶ所しか行けませんでしたが、結果的にそこの幼稚園にしました。顔見知りの先生ができたので良かったなと思います。

 

教育方針の違いも大きい

  • 自由にのびのび育てたい。
  • ある程度のマナーや勉強に重点を置いている。
  • 習い事が沢山ある。

 

幼稚園によって、教育方針や特徴などがあります。

自由に遊ぶことがメインで叱ることがない幼稚園もあれば、マナーをしっかり身につけたり、小学一年生程度の勉強をするところもありました。

また集団行動に厳しく、1人できない子がいると、できるまで皆で待つという幼稚園もありました。

私が選んだ幼稚園はあまり片寄らず、のびのびとしながらもきちんと指導もしてくれることと、先生方が優しかったのが決め手でした。

 

働くママは保育時間の延長や「満3歳児クラス」があると助かる

保育時間の長さも幼稚園により差があります。

働くママさんには早朝保育や、午後の延長保育のある幼稚園が助かります。

また年少よりもさらに小さな子が通える幼稚園もあります。

「満3歳児クラス」と呼ばれていて、3歳になれば入園できるクラスです。

年少入園の4月まで待たずに、3歳のお誕生日を過ぎると入園できることが多いです。

 

自分で作製して用意するものがある幼稚園も

手提げカバンや給食袋、連絡帳袋や保育費袋や上履き袋。

大抵はサイズが似たような市販品で大丈夫ですが、「必ず手作りで」という幼稚園に通われているというママさんもいました。

裁縫が苦手な方は、そのような幼稚園は注意が必要です。

 

昼食は給食かお弁当か

これも幼稚園によって、完全給食、完全弁当、給食と弁当混合、様々です。

うちの娘は偏食なので、みんなと一緒に同じものを食べて好き嫌いがなくなったらいいなと思い完全給食の幼稚園を希望していました。

結果、入園前よりも色々と食べられるようになってきました。

 

通園の距離、時間、手段は?

近くて徒歩が一番理想ですが、行かせたい幼稚園が少し距離があるとバスやマイカーでの登園になります。

バスも家まで来てくれる幼稚園もあれば、近くの集合場所へ行く必要のある幼稚園もあります。

周る順番によっても早い時間になったり、遅い時間になったりします。

またバスであればバス費用が別途かかる場合がほとんどです。

私は集合場所も少し離れているので、時間も融通がきくマイカー登園にしています。

バスだと集合時間に遅れてしまうと迷惑がかかってしまいます。

日によって娘の準備にかかる時間が違うので、私はマイカー登園で良かったかなと思います。

 

PTA、保護者会、行事の係りなどはある?

幼稚園によって、呼び方は様々ですがPTAや保護者会などがあります。

これも必ず役員をやらなくはいけない幼稚園もあるし、全くない幼稚園もあります。

また行事などの係りも同じです。

こういった事が好きな方はある幼稚園、苦手な方は無い(または少ない)幼稚園を選んで下さい。

子供には関係ないことですが、年少からだと3年間通うので苦手な方は気をつけて下さい。

役員や係りになり幼稚園に行く回数が多いと、園での子供の様子が見れたりすることもあります。

これをメリットと捉えることもできますね。

 

幼稚園無償化でも完全に費用がかからないわけではない

現在、幼稚園の教育費は月額2万5,700円を上限として無償化されています。

それを超えた金額は自己負担になります。

公立などではその範囲内で収まることも多いようですが、私立ですと超えることもあります。

うちの娘の幼稚園も毎月差額の支払いがあります。

また、給食費、送迎バス代などは無償化の対象外です。

 

名前つけに助かる便利グッズ

幼稚園が決まり入園願書を提出すると、園服などのサイズを測ったり、幼稚園で使う道具などを注文したり、自分で買いに行ったりと用意をします。

そこで地味に大変なのが「名前つけ」です。

持ち物全てに名前の記入が必要です。

服類、カバン、帽子、お箸、コップ、歯ブラシ…

沢山の物に名前を書く必要があります。

私は字が綺麗ではないし大変だ…と思っていましたが、「お名前スタンプ」を買ったらとても楽に名前つけを完了することができました。

アイロンシールやスタンプタイプなどがありますが、布にもプラスティックにも使えるスタンプタイプがおすすめです。

私が買ったものは「ねいみー」という商品です。

ひらがなと漢字が様々なサイズでセットになっているので、幼稚園だけでなく小学校へ上がっても使えます。

お箸の練習に使うおはじきのような物は小さくて「これにフルネーム書くの?!」と思いましたが、「ねいみー」に入っていた小さいスタンプで綺麗に押せました。

 

まとめ

初めての幼稚園選び、色々と悩むと思います。

幼稚園によって特色や雰囲気が様々です。

お子さんにとっても、お母さん・お父さんにとっても通いやすいところを選びたいですよね。

プレ幼稚園に通う時間がなくても、説明会・見学会はどの幼稚園も実施していると思うので行ってみる事をおすすめします。