高齢出産からの子育てブログ

妊娠・出産・子育てにまつわる体験記です。育児グッズやお出掛けスポットの紹介もしています。

夏休みには動画のサブスクサービスが大活躍



f:id:hitakiblog:20210721115950p:plain

夏休みには動画サブスクサービスがおすすめ


動画のサブスクリプションサービスは「Amazon Prime video(アマゾンプライムビデオ)」「Hulu(フールー)」「NetFlix(ネットフリックス)」など色々あります。

月額定額の動画配信サービスです。

昨年からのコロナ禍で外出が思うようにできず、映画や動画を家族みんなで見て楽しめるならいいなと思い、うちでは「Amazonプライムビデオ」に加入しました。

加入して1年以上が経過して、あまりにも便利でなくてはならないものになり月払いから年間払いに移行したほどです。

 

これから夏休みに入って、小さなお子さんがいるご家庭にぜひおすすめしたいのが動画のサブスクリプションサービスです。

 

+++目次+++

 

「Amazonプライムビデオ」使用料金は?

Amazonプライムの会員になることでAmazonプライムビデオは見れるようになります。

30日間の無料体験があります。

気に入ればそのあとは月払いと年間払いがあります。

とりあえず数ヶ月間は様子を見たい時は月払い、長く使えそうと思えば年間払いをおすすめします。

月払い500円(税込み)

年間払い4,900円(税込み)

月換算にすると年間払いの方がお得です。

 

Amazonプライム会員になると下記のサービスが受けられます。

  • Prime Video
  • Amazon Music Prime
  • Prime Reading
  • Amazon Photos
  • お急ぎ便
  • 当日お急ぎ便

月々500円だけで、これだけのサービスが受けられます。

私はネットショッピングでAmazonを使うこともあるので、本当に助かるサービスです。

配送料無料でお急ぎ便が使えるのは本当に便利。

急いで配達してもらうことはあまりないのですが、子供が発熱して買い物に行けない時に助かりました。

「おくすり飲めたね」という服薬ゼリーを注文したら、すぐに配達してもらいました。

 

「Amazon Music Prime」も音楽が好きなので、子供が寝たあとで聞いたりします。「Prime Reading」は本や雑誌などが読み放題で、これも気になる本があると見たりしています。

「Amazon Photos」は使用したことありませんが、無制限のフォトストレージです。

スマホにたまってしまった写真などを預けることもできるので便利ですね。

 

でも、何といってもおすすめは「Prime Video」です。

 

アマゾンプライムビデオは親子で楽しめる

小さいお子さんがいると見たい映画やドラマを見逃してしまいます…。

そのような「これ見たかったの!」という映画やドラマが沢山あって、どれから見るか悩んでしまうほど。

私は「鬼滅の刃」もPrimeVideoで見ました。

出産してからは映画も見に行けない状態でしたので、色々と見ることができてありがたいです。

そして子供向けの番組も沢山あります。

娘は「しまじろう」シリーズや「プリキュア」シリーズ、「シルバニアファミリー」シリーズなども沢山見ています。

映画も色々と見ていて「BOSS BABY(ボスベイビー)」も親子で何度も見ました。

とても面白いです。

 

デバイスは「Fire TV Stick」がおすすめ

スマートフォンやタブレットでもPrimeVideoは見れます。

でもおすすめはFire TV Stick(ファイヤーテレビスティック)を繋いでテレビで見ることです。

タブレットやスマートフォンだと画面が小さく、子供は至近距離で見てしまいがち。

ファイヤーTVスティックを繋いだテレビで、時間を決めて見せるようにしています。

また「You Tube」や「Hulu」など、PrimeVideo以外の動画配信サービスも視聴できます。

(有料チャンネルは別途契約料がかかります。)

 

今の子供たちはテレビ番組よりも、好きな時に好きなジャンルの動画を見るというのが当たり前のようで、お気に入りのYouTubeチャンネルなども見たりしています。

 

またファイヤーTVスティックにはAlexa対応音声認識リモコンが付いています。

「アレクサ、今日の天気は?」と聞くと教えてくれるというようなものです。

私はあまり興味なかったのですが、子供はこれも面白いようです。

見たい動画や、聞きたい歌など、Alexaに伝えたりしています。

動画を見ている時に娘が「アレクサ、トイレに行ってくるね」と言ったら、「いっといれー」と返事があった時には私も驚きました。

 

全てが無料ではないので注意が必要

沢山の映画やドラマなどが月々500円の定額制で見放題のAmazonプライムビデオですが、全てが無料ではないので注意が必要です。

と言っても、数百円で見れるものがほとんどです。

念のため、子供が勝手にクリックして購入しないようにパスワードロックをしておいた方が安全です。

 

見たい映画などをウォッチリスト(お気にいりやブックマークのような機能)に入れておけば、時間のある時に見ることができるので便利です。

でも忙しくて見れなかったりすると、いつの間にか無料期間が終わって有料になっていることもあります。

その点も注意が必要です。

 

まとめ

私は「Amazon Prime video」しか利用したことありませんが、他のサブスク動画サービスでも利用料金や見れるジャンルなどが変わると思いますが、何か1つ契約しておくと小さなお子さんがいるご家庭にはとても便利だと思います。

時間を決めて動画を見ている間に、私は掃除やご飯作りなどをしています。

 

子供が寝たあとにはベッドの上で「PrimeVideo」や「Amazon Music Prime」をスマホで利用して、貴重な自分時間を満喫することもあります。

 

まだまだコロナ禍で外出を控えているご家庭も多いと思います。

夏休みに親子でサブスク動画を楽しんでみてはいかがですか?

 

+++Amazonプライムビデオの無料体験はこちらから +++

Amazon Prime Video無料体験の新規登録