高齢出産からの子育てブログ

妊娠・出産・子育てにまつわる体験記です。育児グッズやお出掛けスポットの紹介もしています。

くもんの幼児ドリル「かみこうさくあそび4・5・6歳」で遊んでみました



くもんの幼児ドリルは年齢に合わせた学習ができるドリルのシリーズです。

「えいご」「もじ・ことば」「かず・けいさん」「めいろ」「こうさく」と色々あり、このドリルで学習しているお子さんも多いと思います。

今までは、くもんのすくすくノートのシリーズを購入していました。

「がんばりかみこうさく」を探しましたが本屋さんになく、同じように遊べそうな幼児ドリルの「かみこうさくあそび4・5・6歳」を購入してみました。

 

+++目次+++

 

くもんのすくすくノートと幼児ドリルの違いは?

f:id:hitakiblog:20210927125106j:plain

かみこうさくあそび

この違いがよくわからず、購入時に悩みました。

くもんのホームページで確認しても、「すくすくノート」も「くもんの幼児ドリルシリーズ」も考え方は同じですとの記載がありました。

決定的な違いはページ数です。

すくすくノートは幼児ドリルに比較して若干少なめになっているそうです。

すくすくノートはシートの数が31に対して、幼児ドリルのかみこうさくあそびは39までありました。

どちらを選んでもあまり変わりは無さそうでした。

 

3・4・5歳向けのものより難しくなっている

f:id:hitakiblog:20210927125145j:plain

かみこうさくあそび

すくすくノートのかみこうさくシリーズでは「やさしいかみこうさく」「できるよかみこうさく」をすでに遊んでいました。

これは3~5歳向けの内容で、はさみやのりに慣れるような内容です。

初めのうちはゆっくり進めていましたが、慣れてくると少し物足りなくなってきた様子だったので4~6歳向けの「がんばりかみこうさく」にステップアップしようと思っていました。

しかし「がんばりかみこうさく」が売っていなかったので、幼児ドリルの「かみこうさくあそび4・5・6歳」を買いました。

3~5歳向けよりも確実に難しくなっています。

切って貼るだけではなく、折ったりしながら動く仕掛けを作ったりします。

また折り線も「山折り」「谷折り」とあります。

その区別が大人でもパッと見ただけではわかりにくく、説明をしてあげても5歳の娘には難しい様子でした。

折り線に色の変化をつけるなど、もう少し違いがわかりやすいと5歳児でもわかりやすい気がします。

一人ではまだできない内容が多く、一緒にそばで説明してあげる必要がありました。

切る線も真っ直ぐなだけではなく複雑なところもあり、上手に切れないこともあります。

 

まとめ

f:id:hitakiblog:20210927125239j:plain

王冠

娘はハサミやのりを使うのが大好きですが、「かみこうさくあそび4・5・6歳」は一人ではできない内容でした。

でもその少し難しいくらいがちょうどいいと感じました。

簡単すぎるとすぐ終わってしまうので、考えながらゆっくりとチャレンジするくらいで良かったです。

この王冠も作り終わってから喜んでかぶり、記念撮影していました。

作ったあとも楽しめるのが紙工作のいいところですね。

まずは少ない量で学習してみたいという時には「すくすくノート」、沢山学習したいという時には「幼児ドリル」とシリーズの使い分けをしてもいいと思います。