高齢出産からの子育てブログ

妊娠・出産・子育てにまつわる体験記です。育児グッズやお出掛けスポットの紹介もしています。

クラシエの知育菓子「たのしいおまつりやさん」で遊んでみました



コロナ禍で外出もできず、子供は暇を持て余している日々…。

毎日、何をして遊んであげようかとこちらも悩みます。

そんな時に私の姉が娘にプレゼントしてくれたのがクラシエの知育菓子シリーズでした。

知育菓子とは作りながら楽しめるお菓子のことです。

ポッピンクッキンシリーズの「ハンバーガー」と「たのしいおまつりやさん」をプレゼントしてもらったのですが、今回はおまつりやさんのレビューを書いてみようと思います。

 

+++目次+++

  

ポッピンクッキンシリーズは沢山の種類がある

f:id:hitakiblog:20210823142719j:plain

クラシエ 知育菓子


クラシエの知育菓子のポッピンクッキンシリーズは色々な種類がありました。

ハンバーガー、おまつりやさんの他にも、アイスショップ、おすしやさん、ドーナツ、ケーキやさん…どれも子供がワクワクしそうなものばかり。

「ハンバーガー」の方は私が家事をしている間に夫と子供で楽しんだので写真はありませんが、バンズやパティを作るのに電子レンジを使用していました。

今回レビューする「おまつりやさん」は混ぜて固めるだけなので、「ハンバーガー」よりも簡単にできます。

 

5歳児ひとりでは難しい

f:id:hitakiblog:20210823142840j:plain

たのしいおまつりやさん セット内容


まずはプラスチックケースをハサミで切る必要があります。

これが娘ひとりでは上手に切れなかったのと、切った所が尖ってしまうので少し危険です。

ケースが小さいので「〇〇のもと」という粉末を入れるのも難しく散らかります。

水も小さなカップで計量して入れるので、小さいお子さん一人では難しいです。

 

作れるのは「りんごあめ」「ポテト」「チョコバナナ」「とうもろこし」

f:id:hitakiblog:20210823143021j:plain

ポテトのもとを混ぜる

「りんごあめ」は一番簡単で混ぜて型に入れて固めるだけです。

でも小さいケースなので、型に入れるのが子供一人ではできませんでした。

「ポテト」は混ぜたあと、ギザギザトレーに押し固めて、さらにそれを取り出してカットします。これも手伝ってあげないと難しかったです。

「チョコバナナ」も混ぜたあとに型に押し固めて、取りだしたら楊枝にさしてチョコソースをつけて、最後にトッピング。

バナナのもと、チョコソースのもとを混ぜるのと、最後のトッピングは一人でもできました。

「とうもろこし」これが一番難しかったです。

f:id:hitakiblog:20210823143227j:plain

とうもろこしのつぶつぶ

子供は手汗が多いので、キャンディをとうもろこしの形に作るのが滑ってしまいできず…。

周りのつぶつぶを付けるのも小さなスペースでやらなくてないけないうえに、さらにキャンディにつぶつぶがくっついてくれず苦戦しました。

 

まとめ

f:id:hitakiblog:20210823143350j:plain

たのしいおまつりやさん完成

楽しみながらお菓子作りができるので良いですね。

5歳にもなると料理やお菓子作りに興味が出て来て一緒に作りたがるので、こういう知育菓子は大喜びです。

もちろん口に入っても問題ないですし、保護者の方が一緒であればもっと小さいお子さんも楽しめると思います。